電電3年の皆様へ たぶんその1

| コメント(2) |

東京工業大学電気電子工学科3年のみなさん!こんにちは!
僕の名前はあさだひろき、松澤・岡田研究室の元気な修士1年だよ!
よろしくね!!

さてさて、1/31から研究室見学期間が始まります。
なので松澤・岡田研究室はこんなとこですよーってのを紹介したいと思います。

まず、うちの研究室には先生が2人います。
松澤昭先生と岡田健一先生。

松澤先生
DPP1061.JPG

松澤先生はもともと松下電器(現在のパナソニック)で働いていて…
なので関西弁だけど東北出身…
好きなものは女の子とダンス…
えーと経歴の話は面倒なので飛ばします。

岡田先生
DPP0131.JPG

岡田先生は瀬戸内海に浮かぶ小豆島に生まれ…
昔はパツキンで昔は益研にいて…
最近デカい国際学会で発表することになってウカレポンチ…
以下略。

2人でアナログ電子回路(3年前期必修、2-1-0)を教えているのでどちらかは知っているはずです。講義に出ていれば…。
で、この2人の先生のもとで35人ぐらいの学生で切磋琢磨しているという噂です。
やってる研究内容はずばり

アナログ回路設計

です。回路設計をやってる研究室は電電ではうちだけです。(…あってるよね?)
アナログ回路設計というのは抵抗、キャパシタ、インダクタ、トランジスタを繋げるだけの簡単なお仕事です。
……嘘です。
電子工作みたいなのを想像するかもしれませんが違います。
うちの研究室では集積回路の設計をしています。いわゆるIC
チップそのものの製造は外注ですが、チップの中に載せる回路を設計しています。
具体的には

1. 考える

2. パソコンで回路のシミュレーション
↓  (電圧や電流がどーなるとかすぐわかるんだぜ!)

3. 素子の配置や配線(レイアウト)を決める
↓  (配線の幅は1umとかそういう世界。やることはお絵かきに近い)

4. 作ってください!ってお願いする。
↓  (すごいお金がかかるよ!)

5. チップ完成を待つ(3か月ぐらい?)
↓  (この間にも次の仕事が待ってるよ!)

6. 測定する
↓  (高性能な測定装置がいっぱいあるよ!)

7. 論文書く、学会に投稿する
  (4年生のうちにも発表してもらうよ!)

って流れで研究を行っています。たぶん。
うーん文章じゃ伝わらないですね。
実際に見学に来てもらった方が早いです。

研究風景(してないけど)
_MG_9551.JPG

研究の進め方ばっかり話してきましたががが、
問題はなんの回路を作ってるか、だと思うんですよ。私は。
2人の先生はそれぞれ違うことをやっています。

松澤先生の研究: ADC、DAC
岡田先生の研究: RFフロントエンド

…あーほら専門用語みたいの使っちゃったよ。
こりゃ学生が逃げていくわ。

えーとまず松澤先生のADC、DACですが、
「アナログデジタルコンバーター」と「デジタルアナログコンバーター」の略です。
要はアナログ信号とデジタル信号の変換機です。
それぞれ様々な回路方式があって、イロイロ特徴があります。
詳しく知りたい人は自分で調べるか見学の時にでも聞いてください…。
松澤先生はこの分野では世界的な権威です(ほんとだよ)。
簡単に言うと今あるのよりさらに性能の高いADC/DACを作るぞー!というのが研究内容です。
もちろん色んな用途に合わせてイロイロ作ります。

次に岡田先生のRFフロントエンド。
あさだがやってるのはこっち。
要するに無線通信するための回路です。
↓よくわかる図解↓

●送信
アンテナ←RFフロントエンド←DAC←デジタル回路の世界

●受信
アンテナ→RFフロントエンド→ADC→デジタル回路の世界

わかった?わかったでしょ!?
なんか送信信号を搬送波に乗せて増幅してアンテナに送ったり、
受信信号をアンテナから受け取って増幅して周波数落としたり、みたいな!
とにかく「無線通信のための回路を作っている」ってことだけ覚えといてください!
こっちも周波数帯に合わせてイロイロ作っています。


あーもう眠いから続きは後日!

次いつ書くかわからないので見学や質問について。
公式の見学期間みたいなのはありますが、
あさだや他の学生にコンタクトを取ってくれればいつでも研究室は案内しますよ!質問にも答えますよ!
メンバーのページ見てメールするとか、
Twitterで学生の誰かをどーにか探してリプライしてみるとか、
南3号館の314か315か802か803(←あさだがいるよ!)に突撃するとかとか。

松澤・岡田研究室は君が来るのを待ってるぞ!!

じゃばい!

|

コメント(2)

いつも秀逸な投稿ありがとうございます。 > 浅田さん

小豆島はとってもいいところですよ。時間がゆっくり流れています。ところで、私の生まれは神戸です。親が小豆島生まれなのです。

Twitterにリプライ・ダイレクトメッセージしていただければ、たぶんやまぐちが反応できます!
ちょっとした質問など、敬語とか無しで気軽にTwitter経由で聞いてくれてもOKです!

ウェブページ