DoCoMoのスマートフォンにおける新料金プランに関する検討と疑問。

| コメント(2) |

○概要

今日1月28日、NTTドコモから料金プラン(サービス)について、新たに報道発表がありました。

その内容の主なものは以下の2つです。

・応援学割
・パケホーダイ・フラット、パケホーダイ・ダブル 2

一般的な新サービスの内容・概要は、GIGAZINEさんにお任せすることにして、
今回、やまぐち自身の利用シーンを例にこの料金プランの仕組みや、
どういう場合にお得なのか、というのを検討してみました。

すると、非常に不思議なこと(?)が起こったのでそのことを書こうと思います。


(パケホーダイ・ダブル 2 ってネーミングどうよ・・・・・と思ったのは内緒)

 

○イントロダクション

やまぐちのスマートフォン(Galaxy S)の使い方はこんな感じ。
・携帯はGalaxyしかない=メールも電話もこれ一台。
・通話は着信が主だと思ったので、料金プランは「タイプSS バリュー」を選択。
・これに「パケホーダイ・ダブル」を組み合わている。
・しかし、パケットは上限まで使う。(月数百万パケット程度、1000万パケットを超えたことも=カンスト)

・基本料金はファミ割(家族割)適用により、基本料金は980円(税込)。
・これにパケホーダイ・ダブル上限の5985円(税込)を合わせた
980+5985=6995円が、月々の携帯代。
(ケータイ保証お届けの月額使用料、ユニバーサルサービス料等除く。
SPモード使用料はキャンペーン期間中につき0円)

 

○パケホーダイ・フラットの適用について

パケホーダイ・ダブルのパケット上限を1日で越すほどヘビーにパケット通信をするので、誰がどう考えてもやまぐちの使い方にはパケホーダイ・フラットが適しています。
つまり、5985円→5460円、サービス開始後は月々525円お得になることがわかります。(ここまではとっても単純なお話です)

 

○応援学割の適用について(本題)

ここからが本題です。
「応援学割」という、その名のとおり学生(大学院生を含む)ならばさらに割引、というサービスが新たに発表されました。これを使うと先ほどの5460円がさらに525円割引で4935円になるのです!!!しかしこのサービスを本当の意味でお得に使うには、ちょっとした計算が必要では、と考えました。

というのも、応援学割を適用する上で、

・「タイプSS バリュー(たぶんタイプSSも)」に適用することは出来ない
・適用可能なのは「タイプシンプル バリュー もしくは タイプシンプル」。
・そしてタイプシンプル バリュー(およびタイプシンプル)には無料通話が無い

という制限があるからです。

しかし、タイプシンプル バリューの基本料金は390円、タイプシンプルの基本料金は1230円に(パケット定額料金の割引に加えて)さらに割引されます。そして、タイプSSとタイプシンプル(バリュー・シンプル共に)では30秒あたり税込21円というのは変わりません

つまりどういうことかというと、
・タイプSS バリューを選択し、無料通話があるかわりに高い基本料金を毎月払う
・タイプシンプル バリューと応援学割の併用を選択し、安い基本料金を毎月払う代わりに無料通話が無い
の2通り
が考えることができます。

これらを数学的(算数的に)に計算すれば、一番安いプランがわかるといえます。

 

○2つの手法(プラン)の比較

結局、毎月払う携帯代を安くするにはどちらのプランにしたら良いのか?それを示すのが下のグラフです。横軸に毎月の通話時間(分)、縦軸に月々支払う合計金額(円)をとりました。(やまぐちの使っている「バリューコース(プラン)」におけるグラフ。凡例がおかしいのはご愛嬌ということで。)

docomo_final.png青がタイプSSバリューの場合、赤がタイプシンプル バリューの場合です。グラフから明らかな通り、どんな場合もタイプシンプル バリューのほうが安い という結果が出ました。普通こういう料金プランの比較は青色と赤色がクロスするのが通例なのですが、クロスしません!とっても不思議です!

というのも当然で、タイプSSには無料通話1050円分がありますが、学割併用のほうだとその1050円を上回る割引
(980→390円と5460→4935円、パケット通信費と基本料金の2回の割引金額あわせて590+525=1160円)があるからなのです。

 

○結論

以上の検討をまとめると、

・バリューコースでスマートフォンを使っている
・通話は着信が中心だから、料金プランが現在タイプSS バリューである
・応援学割が使える(学生である)
・毎月パケットは上限まで使い切っている(パケット通信しまくる)


の4条件を満たす人は
「タイプシンプルバリュー+(ファミ割orひとりでも割)+パケホーダイ フラット+応援学割」がどんだけ通話しようともしなくても、最適プランである
という結論に至ります。

通話時間が0分だった場合、その差は1000円を超えます。これはかなりの差だと思います!

 

○最後に

最後にいくつかのことを補足しておきます。

・やまぐちの検討がほんとうに正しいかは保証できませんので、間違っていても責任は負いかねます
・シンプルコースでどうなるかは・・・わかりません、各自やってみてください。(やまぐちはバリューコースなので。。)
・もし間違っている点があればコメント等で教えていただけると助かります。
今日(2011/01/28)時点の報道発表資料等から計算をしていますので、
 発表資料のほうが間違っていた場合、この議論は成り立たなくなります。

 

長々と書いてみましたが、
こんだけの文章を書くコストと月々の携帯コスト、

果たしてどっちが高いのか・・・・という気にもなりました(泣  orz

 

おしまい。

|

コメント(2)

A well written technical paper!

もっと、みかか様にお布施しましょう。

コメントする

ウェブページ