EETimes「ISSCC2015の歩き方」

|

EeTimesに徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」: 第1回 最先端の半導体チップを見に行こう という記事が出ていました。

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(6):
無線通信編:携帯電話システムと無線LANの最先端技術
携帯電話システムや無線LANなどに使われる最先端の回路技術が紹介される無線通信セッション。今回は、無線通信の小型化と高品質化に寄与する回路技術などが報告される。(2014/12/22)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(5):
RF(高周波)編:次世代ウェアラブルを支える最先端の無線回路技術
ISSCC2015では、RF関連の発表件数が27件と、かなり多い。これらは3つのセッションに分かれて発表される。今回は、3つのセッションに沿って、RF関連の注目論文を紹介していこう。(2014/12/16)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(4):
データ変換器編:回路技術で急激に力を付ける韓国勢
今回は、A-D変換器、D-A変換器などのデータ変換器を扱う注目講演を紹介する。この分野では、韓国勢の台頭が目立つ。発表件数は、米国、オランダに次ぐ3位だ。(2014/12/12)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(3):
アナログ編:低雑音と低消費、高効率を極める
25本もの講演セッションが2日半で一気に公開される「ISSCC2015」。今回は、低雑音のオペアンプ技術、電力密度を高めるスイッチドキャパシタ方式のコンバータ技術など、アナログをテーマに、注目のセッションを紹介する。(2014/12/10)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(2):
最寄りの空港からISSCCの会場に到着するまで
さて、「ISSCC2015」に参加すべくサンフランシスコ空港に到着した後は、どのように移動すればよいのだろうか。今回は、会場までの移動手段の他、テクニカル・カンファレンスのスケジュールや食事についても紹介しよう。(2014/12/3)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」:
第1回 最先端の半導体チップを見に行こう
毎年2月に米国のサンフランシスコで開催される半導体チップ関連の国際学会「ISSCC」。半導体のほぼ全ての分野をカバーしていて、200本の論文が発表され、約3000人が来場する。半導体業界にとって重要な学会であるISSCCについて、開催概要から分野別の注目テーマまで、徹底的にプレビューする。(2014/12/2)

|

ウェブページ