第38回アナログRF研究会(3/2-3) @ 中央大学

|

アナログRF研究会を、3/2(月)~3/3(火)に中央大学で開催します。是非とも、ご参加ください。

参加申し込み

 

プログラム(一部、仮)

【3/2(月)】
13:00-13:10  委員長挨拶

13:10-13:35  

「改良型粒子群最適化を用いた光送信器の自動調整システム」
大畠賢一、矢崎徹、中條徳男、西元琢真

13:35-14:00  

「集積回路配線によるテラヘルツ帯メタ表面の構成に関する検討」
土谷 亮,小野寺 秀俊

14:00-14:25  

「LCフィルタレスclass-Dアンプに用いるΔΣ変調DAC特性の検討」
春海 豪 , 渡邉 裕紀 , 西勝 聡 , 安田 彰 , 吉野 理貴

14:25-14:50

 「マイクロシステム送信器のためのオンチップアンテナの検討」
渡邊淳史、小野東輝、南快優、中野誠彦

 

14:50-15:00  休憩(10分)

 

15:00-16:00  (招待講演)

自動車関連技術 (調整中)

 

16:00-16:10  休憩(10分)

 

16:10-17:10 (招待講演)

「アナログ回路設計はどこに行くのか? -平成時代を振り返って-」
道正 志郎

 

【3/3(火)】
9:30-9:55    

「WPTにおけるインピーダンス制御と最大電力伝送手法」
金子成悟 杉本泰博

9:55-10:20    

「An Ultra-Compact 60-GHz Wake-Up Receiver by Reconfiguring Multi-Stage LNAs」
Rui Wu, Qinghong Bu, Wei Deng, Kenichi Okada, and Akira Matsuzawa

10:20-10:45  

「新規高効率高周波電力出力回路の提案」
菅原光俊 盛健次 川島理史 宮原正也 松澤昭

 

10:45-10:55  休憩(10分)

 

10:55-11:20  

「分散遺伝的アルゴリズムとHSPICEの最適化機能を組み合わせたコンパレータの自動合成」
鈴木研人、高井伸和、根岸孝行、加藤雅人、関洋明、菅原誉士紀、小林春夫

11:20-11:45  

「分散遺伝的アルゴリズムによる素子値広がりを抑えたRCポリフェーズフィルタの自動設計」
菅原誉士紀, 高井伸和,  根岸孝之, 加藤雅人, 関洋明, 小林春夫

11:45-12:10  

「CCM/DCM全領域における電源回路の機能・回路混載シミュレーション手法」
渡辺 啓, 安倍 幹織, 山室 雄哉, 杉本 泰博

 

12:10-13:10  昼食(60分)

 

13:10-13:50  (ISSCC特別講演)

「IF直交バックスキャタリング回路技術を用いた113μW 32-QAM送信機」
白根篤史,譚昊イ,方一鳴,伊部泰貴,伊藤浩之,石原昇,益一哉

13:50-14:30 (ISSCC特別講演)

「A Digital Sub-sampling ADC-PLL with -112dBc/Hz In-band Phase Noise and 380fsrms Jitter」
Teerachot Siriburanon, Satoshi Kondo, Kento Kimura, Tomohiro Ueno, Satoshi Kawashima, Tohru Kaneko, Wei Deng, Masaya Miyahara, Kenichi Okada, Akira Matsuzawa

14:30-15:10 (ISSCC特別講演)

「An HCI-Healing 60GHz CMOS Transceiver」
Rui Wu, 河合 誠太郎, 瀬尾 有輝, 木村 健将, 佐藤 慎司, 近藤 智史, 上野 智大, Nurul Fajri, 眞木 翔太郎, 永島 典明, 竹内 康揚, 山口 達也, Ahmed Musa, 宮原 正也, 岡田 健一, 松澤 昭

|